2021~2022年度

会長メッセージ    馬場 勲

 

会長就任にあたって

 

 今回、第2650地区草津ロータリークラブ2021-2022年度会長に就任させていただきました。経験豊富な諸先輩がおられる中で重責を全うできるか大変心配ですが、皆様のお力をお借りして頑張ってやらせていただきたいと思っております。どうかご指導のほどよろしくお願いいたします。

一昨年盛大に行われた創立50周年記念事業を経験させていただき、それまで築いてこられた先輩方のご努力と歴史の重さを感じました。次の50年に向けてのスタートを切ったばかりでありますが、昨年の1月当初から思いもよらない新型コロナウイルスの世界的な蔓延は社会生活すべてに大きな変化を与え、企業への直撃、失業者の増加、働き方の変化、小学生から大学生までの教育への影響、国内での貧富の格差の拡大など様々な面で社会構造や考え方にも変革が生じてきています。

その様な状況な中でロータリーの活動が地域社会でどの様な活動が出来るのか問われていると思います。ロータリー創立時からの基本理念は「奉仕と親睦」であり、1905年にポール・ハリスが38歳の時に仲間3人とで創立された時の思いが、時代の変化や環境の変化に対応しながら充実して発展してきました。

今、コロナ渦が世界各地に拡大している状況の中で、ロータリー活動はどうあるべきか問われています。先行きが見えない中でクラブ運営をどの様にしていくかは「新型コロナウイルス」の流行状況を見ながら判断をしていかねばならないと考えております。ウイルス流行の中でお互いが閉塞感をもち息苦しくなっていますが、いま一番大切なことは、自分も家族もそして会社の従業者の皆さんの健康と命だと思います。

2021-2022年度地区ロータリーのスローガンは「活力と輝き ロータリーの基本を大切に」であり、草津ロータリークラブのスローガンは「友情を深め 超我の奉仕を目指そう」と考えました。まず初めに、友情を深めて楽しいクラブ活動を目指し、お互いが温かい心の交流と励まし合いができるクラブでありたいと思います。

二つ目には、クラブ活動の柱として「超我の奉仕」を目指したいと思います。この言葉は「自分の私欲をおさえて、他への礼を誤らないようにする」ということで、まさに「己を超えた奉仕」の大切さを言っています。家族への無償の愛と事業主であり従業員に対する愛は無私の奉仕につながるのではないでしょうか。ロータリアン一人一人が自らの生業を充実させ、家族と従業員を守り、足元を鍛えなおし、職業を通じて奉仕活動を進めていきたいと思います。コロナ禍に負けないように力強くロータリー活動が充実したものになるよう頑張りましょう。この一年よろしくお願いいたします。