2017~2018年度

会長メッセージ    深尾一広

「目指すべき未来を皆で語ろう」

この度、48代会長の大任を務めさせて頂くことになりました。あらためてこの責務の重大さを痛感しております。若輩者ではございますが、当クラブの運営に全力を尽くしたいと思っておりますので、会員の皆様からのご指導ご支援を賜れば幸甚に存じます。

今年度のイアン・ライズリーRI会長の掲げたテーマは「ロータリー:変化をもたらす」です。

まず、私が変化をもたらしたいと思ったのは「ロータリークラブに対する世間が持つイメージ」です。ロータリークラブが設立されて112年、世界に122万人いるロータリアンの活動と真意は、未だ世間に理解されていないと感じています。私も以前、部下の一人から「ロータリー活動よりも、会社の経営に注力した方が…」と言われた事があります。困難ではあるけれども、私はまずここに変化をもたらしたい。その実現には我々もまた、変化しなくてはいけません。限られた時間の中で何をすればより社会への奉仕になるのか、従来のやり方だけではなくRC以外の人々が普段何を考えているか、彼らの立場ならどうするかといった「視点を増やす」ことによって、新たな手法を編み出す必要があると思っております。

地区ガバナースローガンは「愛着と誇り」です。会員の皆様におかれましては釈迦に説法と申しましょうか、RCに対する愛着と誇りは十分にお持ちかと存じます。しかし個々の持つ愛着と誇りは人それぞれです。田中誠二ガバナーは「異なりを認め、相互を敬愛しよう」と述べられています。違いがあって当然、だからこそ面白いのであり、学びになるのであり、刺激になるのではないでしょうか。私は会員の皆様と積極的に異なりを探し合い、認め合い、深め合う事を実践していく1年にしたいと考えております。

草津クラブのテーマは「目指すべき未来を皆で語ろう」となっております。

2年後は節目の草津クラブの設立50周年です。その後には東京オリンピックが控えています。世界中のRCはもちろん、世界中の人々の注目が集まる中で、草津クラブが今後どうあるべきか、草津クラブのビジョンについて語り合う時期にきています。「超我の奉仕」を根幹にしつつも、草津クラブ「らしさ」も忘れてはいけません。RIテーマ、地区ガバナースローガンを踏まえつつ、草津会員の皆様で大いに語り合いましょう